白髪染めの間隔はどの位?現役美容師が教える最適なタイミング

白髪染めって、どの位の間隔で行うのが正しいのでしょうか?

髪の伸びるスピードは個人差があり、少しでも目立ってきたら白髪染めをしたいなら、かなりの頻度で白髪染めをしなければいけないでしょう。

逆に少しくらい目立っても良いから、白髪染めの回数を減らしたいという人もいるかもしれません。

白髪は、人間誰しもいつかは遭遇する、永遠のテーマであります。

白髪が生え始めるとこの先、ずっと付き合っていかなければなりません。

それは、年齢と共に避けて通れない壁なのです。

中には白髪を気にせず、一切白髪染めを行わない方もいらっしゃいます。

よく「全部白髪になったら染めるのを止める」という声を耳にしますが、残念なことに全ての人がオール白髪になるわけではありません。

そこで大抵の方は、白髪を目立たなくするために、カラーリングで白髪染めを行います。

セルフで染める人もいれば、美容院で染めてもらう人それぞれですね。

そこで、気になるのがみなさんは白髪染めの間隔や頻度って普通はどのくらいなのでしょうか。

今回は現役美容師が、この点に着目して白髪染めの頻度について説明します。

美容室で行う白髪染めヘアカラーの種類と頻度

美容室で白髪染め(グレイカラー)を行う場合には、まず最初に染めるタイプ(薬剤)を決めます。

  • アルカリカラー
  • 中性カラー
  • 酸性カラー
  • 香草カラー

などに大きく分けられます。

アルカリカラー

アルカリカラーとは、俗に言う「ヘアカラー(白髪染め)」を指し、最もきれいな仕上がりです。

そして、地毛の黒髪も同時に染められ、一体感のある仕上がりが実現できます。

しかし、メリットばかりだけでなく、デメリットもあります。

一番はダメージです。

オキシドールといった漂白剤成分が入っているために、仕上がりの明るさ関係なくきしみやパサつきが生じてしまいます。

ですが、この現象を最小限に抑える方法はいくらでもありまして、カラー材にヒアルロン酸やコラーゲンといった肌によいとされる成分を混入させたり、仕上げにトリートメントを行ったりすれば、バージン毛に引けを取らない美しい仕上がりが求められます。

次回、白髪染めの来店のおすすめは2ヶ月をめどに様子をみましょう

酸性カラー

酸性カラーとは、わかりやすく言えば「ヘアマニキュア」です。

正確に言えばまたちょっと違うのですが、一般の方にわかりやすい説明を心がけています。

いわゆるコーティング仕様で、シャンプーをする度に色落ちしていきます。

肌にやさしい弱酸性という言葉をよく聞きますが、その通り、酸性は、髪にも良いです。

脱色を行わない工程が、髪の毛を直接痛めることなくおしゃれを楽しめます。

カラーバリエーションも豊富で、なんといってもツヤ出て髪の毛がいきいきしています。

中性カラー

文字のごとく、アルカリ性と酸性の中間に位置するカラー材です。

ほとんどは白髪染めに用いられ、1剤と2剤を混合させるアルカリカラーと同じ手法です。

肌が弱い方や、仕上がりの明るさが暗めの白髪染めを好む方におすすめで、アルカリカラーに比べるとダメージも少なく仕上げることが可能です。

アルカリカラーに比べると、若干持ちの良さは衰えますので、白髪染めの間隔は45日を目安に次回来店しましょう。

持ちの悪さがデメリットでもある、中性カラーですが45日を目安に次回来店しましょう。

香草カラー

あまり、聞きなれないジャンルですが、代表的な薬剤は「ヘナカラー」をご存知の方が多いと思います。

その名の通り、草の成分で髪を染める手法です。

ダメージは全くなく、染める度に、髪や地肌を健康する不思議なカラー材で、近年多くの美容室での取り入れ、注目の高い白髪染めです。

一度染めるとなかなか色が落ちることの少ないカラー材です。

髪にも良くて色落ちも少なく、いいとこ取りの香草カラーですが、色落ちしない分、他のカラー材に切り替えることが難しいカラー材とも言えます。

次回、白髪染めの来店の目安は2ヶ月ぐらいでしょう。

リタッチカラーが髪にもお財布にも優しい

みなさんは、リタッチと言うワードはご存知ですか?

カラーリングを行ってしばらく経過すると黒く新しい髪の毛が生えてきますよね。

俗に言う「プリン」のカラメルの部分です。

リタッチとは、そのカラメル部分の新しく生えてきた新生毛を新たに染める工程を呼びます。

リタッチのメリットは以下の通りです。

  1. ダメージが最小限に抑えられる
  2. 使用するカラー材が少なく済ませられる
  3. 費用を抑えられる
  4. 施術時間が短い

このようにいいことだらけのリタッチカラーがとてもおすすめなのですが、一歩間違えると、仕上がりに色の段差ができてしまったり、場合によってはくっきりラインが入ってしまうこともあります。

髪質や明るさによって微妙に変わる放置時間や均一な薬剤の塗布量を最新の注意を払いながら、施術する技術が必要です。

ですから、リタッチを行う際には、是非とも経験豊富なプロに施術してもらうことをおすすめします。

また、リタッチでの白髪染めの間隔の最適目安は45日から60日以内と言えます。

それ以上期間が過ぎてしまうと、必然的に1回で済むはずのリタッチ施術が不可になったり、強引にリタッチを行うと、先程説明したように、仕上がりにトラブルが生じますので気を付けましょう。

白髪の度合いによって白髪染めの間隔は変わってくる

また、染めたばかりはカラーの発色も良くきれいに仕上がっていますが、時間の経過と共に色褪せが生じてきます。

この現象を「退色」と言い、実際染めた明るさよりも明るくなってきます。

なぜこのような現象が起きるかというと、髪の毛の中には髪の色の基となる「メラニン色素」が詰まっています。

主に赤系と黄系の2種類のメラニン色素が存在し、その割合は十人十色です。

カラーリングの疑問「退色」とは

ヘアカラーの染料はメラニン色素に作用し、染色するために色素を破壊します。

染料でメラニン色素を壊すと髪の組織にすき間が生じ、そこにカラーを入れて定着させることにより染色される仕組みですが、染めたその日から徐々に色落ちしていきます。

そのため、仕上がりは自分が思っているより、若干暗めに染め上げるのが理想ですね。

また、せっかくきれいに染め上げた白髪染めの色持ちをよくする方法の一つとして取り上げるのは、染めた当日は出来るだけシャンプーはしない方がよいでしょう。

シャンプーよりもむしろ、コンディショナーやトリートメントは避けた方が絶対にいいです。

せっかく注入したメラニン色素のすき間に埋め込んだ色味成分が流れ出ててしまいます。

白髪染めを浸透させ、定着させるには最低でも3日は要します。

染めたその日から徐々に退色は始まっていますので、出来るだけ阻止していきましょう。

強いて言えば、髪を染めた後はヘアカラー用のシャンプーやコンディショナーを併用するとより一層の長持ち効果が持続します

明度を上げることによって、染める間隔を長く保てる

また、白髪の度合いによっても染める頻度は変わってきます。

染め上がりがほぼ地毛に近い黒に染めると、2週間もすれば再び新しい白髪が顔を出して来ます。

ですが、少し色味を明るめに染めてみましょう。

この場合、新しい白髪が顔を出してきても目立ち方が違います。

黒いベースに白をのせた場合と茶色ベースに白をのせて比べてみると、茶色ベースの方が、馴染んで見えるのです。

もちろん白髪が少ない人ほど染める間隔は長いでしょうが、白髪が多くて染めるスパンが短い人は、カラーリングの明度を上げてみるのもひとつの手です。

まとめ

今回、白髪染めの間隔と頻度について取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか。

一度染めだしたらずっとお付き合いし続ける白髪染め。

ため息がでてしまいますよね。

ひとえに白髪染めと言っても、たくさんの種類やメーカーが存在し、確かに面倒ですが上手に付き合っていけば、染める間隔を延ばせることも可能だし、気分転換におしゃれを楽しめます。

奥深い白髪染めの様々な疑問をお持ちでしょうが、少しずつ解決していけるよう、この記事をぜひ参考にしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*