白髪染め(カラーリング)による頭皮のダメージケアの方法

白髪染め(カラーリング)をすると髪のダメージはもちろん、頭皮にも同じくダメージを受けることになります。

白髪染め(カラーリング)をすると髪のダメージはもちろん、頭皮にも同じくダメージを受けることになります。

髪の毛のダメージは、いずれ切ってしまえばなくなりますが、頭皮は体の一部でもあり、顔とつながる皮膚でもあります。

では、アルカリ性カラー材はどんなダメージを頭皮は受けるのでしょうか?そこで今回は、受けるダメージとそのケア、そして注意点について調べてみました。

白髪染め(カラーリング)による頭皮のダメージ

白髪染め(カラーリング)は頭皮へ大きな影響を及ぼします。

使用中に気になることと言ったら、上手く染まっているだろうか、全体的にまんべんなく行き渡っているかどうかというようなことばかり気になってしまいますが、実は頭皮は多大なダメージを受けている可能性もあるのです。

頭皮には毛穴という細かい穴が存在しますが、この穴から薬剤が体の中に入り込んでしまうのです。

だからといって健康被害を及ぼすかと言えばそれはありません。

ですが、非常に過敏な妊婦さんは胎児に影響があるのかとても心配されます。

さまざまな諸説はありますが、お医者さんの意見では、直接の影響はないとされています。

さらにメーカー側の意見では、お医者さまの意見と同様なのですが、白髪染め(カラーリング)中に発する臭いについて指摘されていました。

その他の意見で、カラー材が毛穴から侵入し、女性の身体で必要のない有害物質の行き着く先は子宮であるという意見を聞いたことがあります。

どれが正しいのか、はっきりは解明されていませんが、妊娠中な避けた方がベストということなのでしょうね。

少し話はズレましたが、たとえば、髪染めによる頭皮のかぶれはよく起きることです。

白髪染め(カラーリング)によるかぶれとは、頭皮や髪の生え際、額などに薬液が付着し、かゆみや赤み、腫れ、ブツブツなどの皮膚の炎症、疾患が起きるものです。

このかぶれを甘く見たり、気付かないで自分に合わない商品や悪影響のある白髪染め(カラーリング)材を使い続けると、症状はひどく悪化してしまいます。

また、進行すると突然重いアレルギー症状が起こりうることもあります。

このアレルギー症状は、頭皮だけでなく、全身の蕁麻疹や呼吸困難などを伴う危険性もあります。

過去にヘアカラーでかぶれたことがある場合は、ヘアカラーもパッチテストも行わないことが推奨されています。

髪染めを使う際の注意点白髪染め(カラーリング)を使う前は必ずパッチテストを行いましょう。

「自分は皮膚が丈夫で、アレルギーがないから」と軽く見ていると、前述したようなかぶれの症状が突然現れるケースや、何年も同じ白髪染め(カラーリング)材で染め続けている人に、突然症状が現れるというケースもあります。

また、体調が優れないときや、生理前後の施術は抵抗力が落ちていたり、皮膚が過敏なため、アレルギー反応がでやすい傾向があります。

ですから、パッチテストは必要不可欠なのです。

パッチテストの方法

パッチテストは白髪染め(カラーリング)の48時間前に、使用予定のカラー剤を使用します。

混ぜ合わせた薬剤を皮膚の柔らかい部分に薄く塗って自然乾燥または、絆創膏を上から貼ります。

大体、水に濡れない位置で、腕の内側がよいでしょう。

このとき塗る量は硬貨の大きさを目安にしてください。

その状態で48時間放置し、薬剤を塗った箇所に皮膚の異常が見られなければ、白髪染め(カラーリング)が可能です。

皮膚に赤みやかゆみ、水ぶくれ、腫れなどの異常があればアレルギー反応を起こしている結果ですので、すぐに洗い流し、そのカラー剤を使用することは止めましょう。

なお、48時間経過していなくても、皮膚に異常が現れた場合はすぐに洗い流しましょう。

白髪染め(カラーリング)剤使用後の注意点

白髪染め(カラーリング)後は、くれぐれも髪や頭皮に薬液を残さないよう、完全に洗い流しましょう。

洗い残った有害成分は、頭皮や毛穴のトラブルを引き起こします。

頭皮のかぶれだけでなく、髪が細くなって抜け毛の原因になることもあるのです。

そして、白髪染め(カラーリング)後は、頭皮の保護機能に影響が出るといわれているため、必要以上に頭皮をゴシゴシこする洗髪など、ますます傷めてしまう原因になりますので控えましょう。

2. おすすめ頭皮ケアの方法頭皮の「保護」をすることを意識しましょう。

白髪染め(カラーリング)剤の影響で頭皮は刺激に対してのバリア力が弱まっている状態です。

頭皮に保湿力の高い化粧水や育毛剤をつけて指先を立てて軽くタッピングしましょう。

また、頭皮のターンオーバーを正常に戻すために、頭皮をゆっくり時間をかけてマッサージをします。

頭皮の血行促進は抜け毛や薄毛の予防にもなりますので、日頃の習慣づけにぜひ毎日のシャンプー中やシャンプー後に頭皮マッサージを行ってみてください。

そして、最もおすすめする頭皮ケアの方法ですが、全身のケアに使えて、中でも乾燥しやすい冬におすすめなオイルとして「ホホバオイル」が挙げられます。

このオイルはありとあらゆる肌トラブルを解消してくれる、今話題のオイルとして注目されています。

その使用方法は、ロングヘアの場合で30ml程度のホホバオイルをしっかり濡らした頭皮によく揉み込み、タオルやキャップで覆います。

そして20分〜40分程度ゆっくり入浴し後にシャンプーで洗い流すだけで終了。

頭皮にオイルの有効成分がじっくりと浸透し、乾燥を防ぎながら余分な汚れや化学物質をかき出してくれます。

さらに、髪の毛は驚くほどフワフワ、つややかになります。

白髪染め(カラーリング)で乾燥したヘアのトリートメントパックにもとても効果的です。

美髪を保つ秘訣でもありますので、ぜひお試しください。

頭皮のスキンケアにおすすめのシャンプー

髪の毛のダメージケアも大切ですが、頭皮のケアってあまり気にしたことはありませんよね。

ご紹介するシャンプーは頭皮のケアまで行える成分が配合されたおすすめシャンプーです。

1. イオ地肌

イオ地肌はすっきり、髪はなめらかに洗い上げるシャンプー。

きめ細やかでクリーミーな泡が髪と地肌に行き渡り、トリートメントを受け入れやすい、すっぴんの髪に整えます。

洗浄成分として、アミノ酸系+スルホベタイン配合。

乾燥が気になる地肌をしっとり洗う「うるおい仕上げ」タイプ。

2. ハーブガーデン

スカルプケアと使用感にこだわった、ノンシリコン・オーガニックシャンプーです。

シャンプーの元となる精製水には、熊本県阿蘇産のオーガニックハーブを抽出した、オーガニックハーブウォーターを使用。

ノンシリコン・オーガニックなのに、泡立ちは抜群。

アミノ酸系の洗浄料が髪をやさしく洗って、必要な潤いはきちんと残します。

洗い上がりは、しっとり、まとまる髪へ。

髪本来のツヤ感を引き出します。

3. クイーンズバスルーム

アミノ酸由来の洗浄成分を使用した、髪と頭皮を清浄にしながら健康に保つ弱酸性ヘアソープです。

トリートメントは毛髪の内部に水分を留める力、「保水力」を極限まで高めるために髪・頭皮の保湿に最適と思われる厳選した保湿栄養成分を贅沢に配合しました。

4. haru 黒髪スカルプ・プロ

100%天然由来のノンシリコンシャンプー。

天然の洗浄成分が汚れた頭皮をスッキリ洗浄し、植物性ヒアルロン酸・コラーゲンタンパク質・キャピキシル・ミネラルを頭皮に補給します。

頭皮環境を整え、白髪・抜け毛をケアし、ハリ・コシのある髪へ導きます。

リンス・コンディショナー不要。

5. POLA グラマラスケアシャンプー

シャンプーはクレンジング発想で頭皮の汚れをすっきりオフ。

コンディショナーは美容液感触で髪と頭皮にうるおいを与えます。

毛髪補修成分や艶やかな黒髪をサポートする美容成分、頭皮環境をサポートする美容成分を配合。

「ハリコシアップポリマー」がダメージ部分を内側から補修しながら、髪表面をしなやかにコーティング。

ハリ・コシのあるふんわりした仕上がりに。

6. ZACCスカルプシャンプー

従来のアミノ酸シャンプーでは洗浄力が弱すぎしっかりと洗えないことで、かゆみや嫌な頭皮臭がおこりますが、それを改善するためにちゃんと洗うという点にこだわり作られています。

今のシャンプーではスッキリ感が物足りないという方はぜひお試しを。

頭皮スッキリ感、毛先しっとりなシャンプーです。

まとめ

頭皮のケアについていかがでしたでしょうか?以外にも一番ダメージを受けていた場所だなんて思ってもみなかったですね。

日常で手軽に簡単に行えるマッサージなどは、無意識に手が動くよう心がけましょう。

健康な頭皮あってこそ、白髪染め(カラーリング)ができることを忘れないで欲しいです。

また、自宅での白髪染め(カラーリング)は、手軽に低価格でできる一方で、頭皮トラブルなども考えられます。

不安な場合はパッチテストや美容室で白髪染め(カラーリング)することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*